学校通信

2017信州大芝高原イルミネーションフェスティバルに出展しました

  107日(土)に開幕した信州大芝高原イルミネーションフェスティバルに専門課程2年生(電気・制御技術科)の作品を出展しました。

 信州大芝高原ではイルミネーションを4m2の大パノラマで展開し、多くの企業、団体、グループが様々な趣向を凝らして作品を製作し展示しています。

 本校の出展作品は、光と泡と音の3つの要素で演出したイルミネーション装置で、作品名は「バブルミネーション」です。水の入った48本の透明アクリルパイプ下部に設置したエアポンプを制御し、気泡を発生させて文字や図形を表現します。アクリルパイプ上部に設置したフルカラーLEDにより照射した光によって気泡を強調します。また、その光のリズムは音楽に合わせた構成になっています。

 開幕当日、長野放送の生放送番組「土曜はこれダネッ!」に、製作に携わった学生4人が出演し、よい経験となりました。

 2017信州大芝高原イルミネーションフェスティバルは、開催期間が107日(土)~28日(土)、点灯時間が18:0022:00です。

 

「射出成形機の基礎とデジタルモールドの活用」講座を開催しました。

 

 今回(9月14日)の講座は、前回(9月7日)の「デジタルモールド実演講座」に引き続き、機械・生産技術科と電気・制御技術科の2年生に射出成形の基礎、さらには新しく導入された人力射出成形機を用いたデジタルモールドの活用方法を教えていただきました。

 この度、南信工科短大振興会からの提案がきっかけで、当校の教育研究活動にスワニー様の革新的技術デジタルモールドを取入れさせていただくことになりました。

 南信工科短大振興会様より、教育研究費として支援を賜り、デジタルモールド技術を活用した造形が可能な手動射出成型機を導入することができました。

 これにより、教育現場では世界で初めてデジタルモールド技術がカリキュラムに導入されることになります。

 当校で様々な基礎技術を身に付けたうえで、さらにこのような最新技術を習得し、地域の将来を担う技術者に育ってほしいと考えます。

 南信工科短大振興会会員企業の皆様、有限会社スワニー様、株式会社ストラタシス・ジャパン様、その他関係者の皆様に厚く御礼申し上げます。

    

 

「デジタルモールド実演講座」を開催しました

 デジタルモールド技術の実演講座を当校の専門課程2年生の学生を対象に実施しました。

 デジタルモールド技術の講座は7月に続き2回目で、今回は関係企業様に多大なる御協力をいただき、小型射出成型機などを持ち込んでいただき、実際にデジタルモールドによる造形を体系的に体験しました。

 講師担当者様

  • 【デジタルモールドについて】(有)スワニー 橋爪様
  • 3Dプリンタについて】(株)ストラタシスジャパン 小山様
  • 【超小型射出成形機について】(株)アイオー・エム 酒井様

 それぞれの説明の後、その場で希望を募った学生にデジタルモールドに関わる技術の実習指導をしていただき、当校の校章をデザインしたパーツの造形を行いました。学生は実際に体験するとより理解が深まり、興味が湧く様子で各装置の前で積極的に質問をしておりました。

 実習を体験させていただいた学生は、「金型の基礎から最新技術までを実習で学べて面白かった」「デジタルモールドの型の組立てを体験したり、学校にはない機械を扱えたりして面白かった」などと感想を述べていました。

 スワニー橋爪社長をはじめ、御協力いただいた企業の皆様、本当にありがとうございました。

   

[caption id="attachment_2731" align="alignnone" width="150"] デジタルモールド技術により成形された校章[/caption]

 

上伊那で産まれた新技術「デジタルモールド講座」を開催しました

 上伊那発の新技術「デジタルモールド」の講座を、その第1人者である有限会社スワニーの橋爪社長を講師としてお迎えし、当校の2年生の学生を対象に7月14日に実施しました。

 デジタルモールドとは技術開発と普及が著しい3Dプリンターを活用した樹脂金型成形法で、今、最も注目されている技術の一つです。

 聴講した学生達は、講座の時間が終わった昼休み中までデジタルモールドの金型や造形製品を興味深く手に取り、橋爪社長に質問をしていました。学生達が近い将来、地域企業で活躍する際に、この講座の内容がアイデア創出や問題解決の糸口になるとうれしいです。橋爪社長様、お忙しい中、本当にありがとうございました。

  

ロボットを使った課題に取り組んでいます

 機械・生産技術科の情報処理実習では、ロボットを使った課題に取り組んでいます。

 今は、床に置いてあるワークを30cm先にある床よりも4㎝程高いところに運ぶという課題です。これが可能なロボットを自分達で考えて組み立て、自律して動くようにプログラムを作成するという複合的な課題です。

 教材はLego MindstormsというLego社製の機材を用いており、レゴブロックを組み合わせることで、工具を使わずにある程度自な形でロボットを作ることができるものです。3人~4人でチームを作り、お互いにアイデアを出し合いながら仕様を満たすロボットを作っています。アームで掴んで持ち上げる、ショベルですくい上げる、フォークを刺して持ち上げるなど、同じ課題でもいろいろな形が出来上がってきています。来週には各チームとも完成するので今から楽しみです。

        

 

メカトロニクス職種訓練会に参加してきました

 624日(土)、25日(日)に岐阜県の東海職業能力開発大学校に行き、全国ポリテクカレッジ「メカトロニクス職種」訓練会に学生5人、教員3人が参加してきました。

 4年に一度世界規模のスポーツ競技会の五輪があるように、2年に一度世界規模の技能競技会である「World Skills」があります。今回はその競技種目の一つであるメカトロニクス職種に取り組んでいる学生たちが集まって、模擬課題を使って競技に近い形式で行う練習会でした。

 メカトロニクス職種は、工場の自動組み立てラインを模した装置の、仕様変更や故障発見といった課題を、二人1チーム力して行う競技です。そのため、この職種は機械と電気の両分野の幅広い知識・技能とコミュニケーション能力が必要不可欠です。

 当校からは2チームが参加し、Bチームは3つの課題をすべて完了し(すべて完了できたのは全チーム中2チームだけでした)、Aチームは1つ半の課題ができました。初挑戦ながらの奮闘ぶりに他チームからも注目を浴びていました。

 また、同じ目的を持った他校のメンバーとも交流でき、お互いの意気込みを肌に感じ、自分と違う工夫や手法を目にすることで、非常に刺激になりました。

 練習期間は約2ヵ月と非常に短かったですが、チームメンバー全員が非常に熱心に取り組んだ結果、予想以上に成長できたと感じられた二日間でした。

ソフトとハード役割分担しています 課題に取り組む姿は真剣そのもの 当校のメンバー5人 最後に記念撮影をしました

6月13日 機械加工実習の真っ最中

6月13日は第一実習棟(機械加工実習棟とか工場とか呼ばれています)が賑やかでしたので、その様子をお伝えします。

機械・生産技術科の1年生は、国家検定である技能検定普通旋盤作業の実技試験を1か月後に控え、その練習に熱が入っています。この頃は、学生同士で教えあったり相談したりする様子が見られるようになってきました。

  

全員が同時に旋盤を回せるだけの台数はありませんので、機械・生産技術科の1年生の半数はマシニングセンタを学んでいます。ちょうど最初の課題の加工を始めようとしている所でした。動かし始めは緊張しますよね。

  

短期課程の機械科もNC旋盤を実際に動かす直前なのか、機械の前で中を見ながら説明を受けている最中でした。

機械・生産技術科の2年生は、すぐ隣の部屋でCAD/CAMの実習中でした。右側の画面に先生の操作画面が表示されており、それを見ながらできるので、分かりやすい環境になっています。

電気・制御技術科は機械加工と無縁のような気がします。しかし時間は少ないですが、機械加工実習があります。ちょうど2年生が穴あけの手加工をしている最中でした。

  

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
index 学校通信
2017信州大芝高原イルミネーションフェスティバルに出展しました
「射出成形機の基礎とデジタルモールドの活用」講座を開催しました。
「デジタルモールド実演講座」を開催しました
上伊那で産まれた新技術「デジタルモールド講座」を開催しました
ロボットを使った課題に取り組んでいます
メカトロニクス職種訓練会に参加してきました
6月13日 機械加工実習の真っ最中