お知らせ

長野県職員(南信工科短期大学校教授又は准教授)の募集

本校の教授又は准教授となる職員を募集します。

 募集人員  教授又は准教授 1名
 所   属  電気・制御技術科
 専門分野  電気電子工学/制御工学
 採用予定日 平成31年4月1日(月)
 応募締切  平成30年9月28日(金)当日消印有効

詳細は、下記リンク先の長野県のホームページをご覧ください。
受験案内、申込書等はリンク先からダウンロードできます。
 http://www.pref.nagano.lg.jp/jinzai/sangyo/kaihatsu/koka/h30recruit.html
 

第2回オープンキャンパスを開催しました

 8月4日(土)にオープンキャンパスを開催しました。

 本校を進学先として関心をお持ちの生徒さんや保護者66人が参加しました。学校の特長など概要説明の後、機械・生産技術科、電気・制御技術科の模擬授業の体験や、校内を巡りながら機械や生産ラインの設計やロボット制御の実習について説明を通して、ものづくりのスペシャリストを育成する本校を実感していただきました。
 また、個別相談では入試や卒業後の進路、学生生活など様々な質問があり、本校に対する理解を深めていただきました。
 次回のオープンキャンパスは9月22日(土)に開催予定です。当日は「人材ふれあいフェア」と同時開催です。お出かけください。


 

平成30年度 民間活用委託訓練入校選考結果発表

8月3日(金)に実施しました「基礎からのパソコン事務科」の入校選考の結果を発表します。


 詳しくはこちらをご覧ください。(PDF)


2018 Ene-1GP SUZUKA KV-BIKEチャレンジに初出場しました

 8月5日(日)2018 Ene-1GP SUZUKA KV-BIKEチャレンジに2年生7名(機械・生産技術科5名、電気・制御技術科2名)が出場しました。

 この大会は、充電式単3電池40本を搭載したモーター駆動の二輪車を用いて、鈴鹿サーキット東コースを舞台に開催される競技です。競技は1週あたりのラップタイムを競うタイムアタックと、60分の耐久レースの二種目で構成され、それぞれの順位の合計で総合結果が決定されます。
 昨年度の総合課題の授業で車両の製作を行ない、今年度はその延長でサークル活動として取り組んできました。大会前日に何とか車両が完成し、無事に出場することができました。
 初出場ということで戸惑うことばかりでしたが、当初の目標である完走することができました。順位は振るいませんでしたが、飯田OIDE長姫高等学校、佐久平総合技術高等学校、上田の工科短期大学校といった県内のチームとの交流もあり、学生は普段の学校の授業では味わえない貴重な体験をすることができました。今後も、このような活動を続けていってもらえればと思います。


  

オープンキャンパスのご案内

下記の日程でオープンキャンパスを開催します。
事前申し込みは不要です。是非、お越しください。

第3回 9月22日(土)13:30~15:30
※人材ふれあいフェアと同時開催。時間は変更になる場合があります。

<< オープンキャンパスちらし >>
会場: 南信工科短期大学校(当校)
内容: 校の概要説明、校内の見学、進学相談、質疑応答など
申込み: 事前申し込み不要

≪平成29年度オープンキャンパス≫
  
第1回 6月16日(土) 終了しました
第2回 8月 4日(土) 終了しました

平成30年度 民間活用委託訓練

機械・生産技術科学生が商品開発セミナーに参加しました

 7月22日(日)に、機械・生産技術科1年生の希望者5名が「商品開発セミナーinワークラボ八ケ岳」に参加しました。

 このセミナーは、茅野市駅隣の「ワークラボ八ケ岳」で「Craftsmanship TRAIL」LEVEL.1 スタートアップイベントとして開催されました。参加する学生達が、商品を企画発案から開発して販売まで経験しようという試みで、今回はその顔合わせも兼ねていました。近隣の中学生、高校生、大学生など約20名が参加しており、自己紹介ではそれぞれの思いを述べていました。
 参加した学生は、商品開発の第一線で活躍している方々の講演や最新3Ⅾプリンタなどのツールを紹介いただき、とても興味深く聴講していました。
 また、講演後には同施設に導入されている3ⅮCAD、最新の各種3Ⅾプリンタを専門の技術者から直接説明と紹介をしていただき、学生は熱心に質問や説明を聞いていました。
 これからこの試みが、どのような形になっていくか楽しみです。


 

機械・生産技術科1年生が普通旋盤3級実技試験を受検しました

 7月21日(土)に、機械・生産技術科1年生18名が国家資格の技能検定普通旋盤3級の実技試験を受検しました。(取得済みの2名は他資格の機械系保全3級を受検しました。)

 外は猛暑でしたが、受験者全員にスポットエアコンを1台ずつ準備し、無事受検することができました。緊張で思わぬミスをしたり、意外と本番に強かったりと皆それぞれの経験をしたようです。
 普通旋盤は、機械加工の基本となる工作機械で、機械・生産技術科では、入学して約3か月のこの時期に全員が挑戦します。
 このような基本技術・技能からスタートし、2年間で専門学科や各種実験・実習を学んでいきます。今後、CAD・CAEを活用した機械設計技術、CAM/NC工作機械を活用した最新機械加工技術、ロボット制御技術や3Ⅾプリンタ技術などを習得していきます。
 知識と実践力を身に付けた「ものづくりのスペシャリスト」を目指して、これからも頑張ってください。


  

機械科(平成30年10月入校)募集案内(第2回)

短期課程機械科(平成30年10月入校)の訓練生を募集します。



 募集の関連ファイル(PDF形式)は以下のとおりです。



※なお、求職者を対象とする雇用保険や支援制度等がありますので、詳しくは最寄りのハローワークにお問い合わせください。

ロボットシリンダ制御の体験セミナーを実施しました

 7月18日(水)午後に、産業用ロボットメーカーの株式会社アイエイアイ様より講師を派遣いただき、ロボットシリンダの制御について、体験セミナーを実施しました。

 今回の対象は機械生産技術科2年生17名(6名は次週受講予定)でした。
 少子高齢化、労働人口の減少が問題視される日本の製造業において、工場の自動化(FA技術:Factory Automation)は必須の技術となっています。今回のセミナーの目的は、FA技術の中でも中核を担うロボットの制御の基本を学んでもらうことです。
 株式会社アイエイアイ様には、受講人数分のロボットなどの機材も御準備いただき、学生は実践的な技術習得ができたかと思います。
 来週25日には、機械生産技術科2年生の残りの6名と電気制御技術科2年生13名を対象に実施します。
 このセミナーが、今後さらに発展していくロボット制御技術を学ぶきっかけになればと思います。

 

入学を希望される方へ(平成31年度 専門課程学生募集情報)

平成31年度の入試日程(2年制専門課程)が決まりました
 詳細はこちらをご覧ください。(PDF) 
 
長野市、飯田市でも受験ができるようになりました
 一般入試において、伊那会場(本校)に加えて、
 前期:長野会場(信州大学国際科学イノベーションセンター)、
 中期:飯田会場(飯田勤労者福祉センター)を設けました。
 
AO入試は併願が可能です
 AO入試の出願は専願ではありません。他の大学等との併願が可能です。
 
推薦入試は第2志望を認めます
 第2志望に合格し入学手続きを完了した場合には、必ず入学することとします。
 
募集要項の請求
 郵便番号、住所及び氏名を明記し、
 返信用切手(※)を貼付した封筒(角2)を同封してください。
 また、往信の封筒には「入試資料請求」と朱書きしてください。
 資料はゆうメールでお送りします。
※ 募集要項のみ 215円
  募集要項とパンフレット 300円
 
 テレメールからも取得できます。(外部サイト)

※ パンフレットのみ 180円
  募集要項のみ 215円
  募集要項とパンフレット 250円
 
問合せ先
 長野県南信工科短期大学校
 〒399-4511 長野県上伊那郡南箕輪村8304-190
 TEL 0265-71-5051
 FAX 0265-72-2064
このエントリーをはてなブックマークに追加
index お知らせ / お知らせ
長野県職員
(南信工科短期大学校教授又は准教授)の募集
第2回オープンキャンパスを開催しました
平成30年度 民間活用委託訓練入校選考結果発表
2018 Ene-1GP SUZUKA KV-BIKEチャレンジに初出場しました
オープンキャンパスのご案内
平成30年度 民間活用委託訓練
機械・生産技術科学生が商品開発セミナーに参加しました
機械・生産技術科1年生が普通旋盤3級実技試験を受検しました
機械科
(平成30年10月入校)募集案内
(第2回)
ロボットシリンダ制御の体験セミナーを実施しました
入学を希望される方へ
(平成31年度 専門課程学生募集情報)