イベント報告

総合課題の中間発表会を行いました。

 10月から、専門課程1年生の総合課題製作の授業が始まりました。11月29日(水)にその中間 発表会を行ないました。

 この授業は、できるだけ科の専門性の枠にとらわれず、様々な技術に積極的に関わること。当校の「ものづくりのスペシャリストを目指して」の開校主旨を根本として、グループで協力しあうことの必要性を知り、自分たちのアイデアを形や動きにしていく体験を通じて、発想・想像力や情報収集力を身に付け、ものづくりの大きな流れを学ぶことを趣旨としています。学科の枠を飛び越えて、機械・生産技術科と電気・制御技術科の2科の学生で5~6人のグループを結成し、学生自身が作ってみたいものを自由に企画・提案し、ものづくりを行ないます。

 今年度は7グループに分かれ、それぞれ活動を開始しました。11月29日(水)に仕様および概要設計の発表会を行ないました。これから、2月末まで本格的に製作を開始していきます。

 各グループのテーマ(製品名)は以下の通りです。

  • 【M—POV】:音楽に合わせて文字や絵を表示するバーサライタ
  • 【oval ride】:楕円球のタイヤで動くセグウェイ
  • 【ムシロー】:自動で庭の雑草をむしるロボット
  • 【E—CUR】:リフトアップ機能で、座ったまま高いところに手がとどく電動車いす
  • 【Flipper Game】:難易度を選択でき、1人でも2人ででも遊ぶことのできるピンボールゲーム
  • 【コマンゴー】:市販の自転車を改造した乾電池で動く電動バイク
  • 【WALL CLIMBER】:バキューム機構により垂直な壁を登り、天井も移動できるロボット

各グループの活動状況については、このページに随時掲載していく予定です。

「キャリアフェス in 東中」に参加しました

 11月24日(金)に駒ヶ根市立東中学校で開催された「キャリアフェス in 東中」で実験教室を行いました。

 熱と電気をテーマにして、超伝導現象の実験と赤外線サーモグラフィカメラの映像を見てもらいました。温度に関係した電気の不思議な世界を、中学生や先生、近隣の小学生など多くの方に楽しんでいただきました。

 

 

2年生が校外研修として東京に行きました

2年生が校外研修として1121日(火)から22日(水)まで東京に行きました。

2日間で見学した施設は次の四か所です。

  • コカ・コーラ ボトラーズジャパン株式会社 多摩工場
  • 宇宙航空研究開発機構(JAXA) 調布航空宇宙センター
  • 自然科学研究機構 国立天文台 三鷹
  • JAL工場見学 SKY MUSEUM

 この校外研修は、見学先の選定や連絡、宿泊先の調査等学生の旅行係と教員が一緒に準備を進めました。

 いつも身近な清涼飲料水を生み出すPETボトル成型までもが組み込まれた自動生産ライン、航空宇宙分野での近未来につながる技術開発、宇宙のメカニズムの解明を探求する研究施設、そして科学技術の粋を結集した航空機を安全に運航するための整備工場。科学技術を人の役に立つ形へ昇華させる工業分野に関連する施設とそこで働く方々を実際に見ることで、今後技術者として持つべき知見が得られたのではないかと思います。

         

 

小学生向けのロボット体験講座を行いました

 1118日に、南箕輪村公民館の主催で、小学生向けのロボット体験講座を実施しました。親子10組およそ30名に参加していただきました。

 LEGO Mindstormsという教材を用い、レゴブロックを使ってロボットを組み立てて、タブレットでロボットの動きをプログラミングし、それをロボットに転送して動かしてみるというものでした。

 ロボットの組立てでは、レゴブロックの自由度の高さを最大限発揮して、翼をつけてみたり、爪をはやしてみたり、歯車を組み合わせてみたりと、個性的なロボットが出来上がりました。

 プログラムでは、指定の場所にぴったりとロボットが停止できるようにという目標にチャレンジしてもらいました。ロボットを試走させてみて、その結果を受けて設定値を調整するという、試行錯誤を繰り返して、目的を達成するロボットを作ることができました。

 実施した側の感想としては、子供たちの発想力の豊かさと、吸収の速さに驚かされた講座でした。

このエントリーをはてなブックマークに追加
index お知らせ / イベント報告
総合課題の中間発表会を行いました。
「キャリアフェス in 東中」に参加しました
2年生が校外研修として東京に行きました
小学生向けのロボット体験講座を行いました