学校通信・イベント報告

情報通信工学基礎実習の成果発表会を行いました

 12月5日水曜日に電気・制御技術科1年生の「情報通信工学基礎実習」成果発表会を行いました。

 この実習ではスイッチや各種センサ、LCD(液晶表示機)、ブザーなどの働きや特性と、マイコンのプログラミングを併せて学んできました。学習のまとめとして、学生各自が部品を選択して機能をもった作品の製作を行い、その成果を発表しました。
 スライドを使って作品の動作や機能の概要,製作しようと考えた動機などを説明し、実演を交えて発表を行いました。1年生が各自で発表を行うことは初めてでしたが、説明や考えを伝えることができました。加えて他者の作品や考え方などに興味を持ち、発表後に質問をするなど、今後の学習活動につながる発表会となりました。

製作した作品を所を書画カメラで写しながら説明する学生 書画カメラで撮影されたものがディスプレイに配信され、それを見ながら発表を聞いている様子

機械・生産技術科2年生が「地域企業との共同実習」成果発表会を行いました

 12月4日火曜日に平成30年度「地域企業との共同実習」成果発表会を行いました。

 「地域企業との共同実習」とは、地域企業様から様々なテーマを御提案いただき、当校の実習の中で取り組んでいこうという新しい試みです。

 今年度のこの実習は、10月3日水曜日にKOA株式会社様を講師にお迎えして実施した「地域企業との共同実習(テーマに関する講演とグループワーク)」からスタートしました。

 提案されたテーマは以下の2つです。

  • テーマ1「セラミック基板表面非接触 Pick&Place」
  • テーマ2「円筒形製品外観検査冶具」

 実習期間中も、社員の方が何度もご来校いただき、直接学生に指導をしていただきました。また、テーマをご提案いただいた生産現場を学生が見学する機会を設けていただき、試作品に関わるアドバイスをいただくなど、多大なご協力を賜りました。

 また、上記テーマ1、2とは別に削ろう会様からの課題である

  • テーマ3「かんなくず厚さ測定装置」

もテーマのひとつとして実施しました。

 機械・生産技術科2年生が各テーマ2グループずつで合計6グループに分かれて設計試作を行い、成果を発表しました。

 削ろう会様は来年5月11日、12日に伊那市で全国大会「第35回全国削ろう会信州伊那大会」を実施します。今回の成果発表会で学生たちの設計製作した「かんなくず厚さ測定装置」をかんなくずの薄削りの実演と試用をしたうえで、さらに改良を加えて全国大会での使用を検討していただきます。

 本実習および発表会にご協力いただきましたKOA株式会社様、削ろう会様、南信工科短大振興会様、その他関係者の方々に厚く御礼申し上げます。

パワーポイントの資料を使って学生が発表している様子 堂々とした姿で説明している学生の姿 レーザーポインタで指しながらわかりやすく説明している様子 企業の方が試作した装置の裏側からも熱心にご覧になっている様子 試作した冶具により作業が簡単になっているのか、みんなでのぞき込んでいる様子 試作した装置を使って、鉋くずの厚さを実際に測定している様子 

電気・制御技術科 卒業研究中間発表会

 平成30年11月19日月曜日に、電気・制御技術科卒業研究中間発表会を実施しました。

 2年生が各自のテーマで取り組んでいる卒業研究の進捗状況を報告し、今後取り組むべき課題を明らかにする機会が中間発表会です。事前に配布資料を作成し、本番同様プレゼンテーション形式で一人ずつ行いまいした。
 電気・制御技術科では、授業や実習内においてグループや各個人で発表を行う機会が多かったためか、時間配分にも配慮された発表となっていました。
 今回の聴衆は2年生と教員だけでしたので、人数は少なかったのですが、質疑応答や今後の課題となる指摘も活発に行われ、良い発表会となりました。

電気・制御技術科の新設備紹介(その2)

 電気・制御技術科の新設備紹介の第二弾です。

 今回紹介する設備は、ノート型パソコンを中心とするモバイル端末環境です。
 メインとなるノート型パソコンは、最新の第8世代Core i7-8650U(4コア、8スレッド)を搭載しています。メインメモリは16GB、ストレージは128GB SSDです。こちらの端末は、主にマイコン等のプログラム実習への活用を想定しており、実習機材としてシングルボードコンピュータを専用カメラ、専用タッチディスプレイと共に導入しました。
 また、小型無線端末への展開も考慮して、電気・制御技術科の実習室のあるフロアは、すべて無線LANによりノート型パソコンがネットワークにつながる環境を構築しております。この環境を生かすために、さらにタブレット型端末(iOS用、Android OS用)も実習人数分導入しました。
 今後、様々な機器を無線でつなげるIoT技術の普及が、生産現場にも浸透することを見据えて、こうした新規設備を活用した新しいテーマをカリキュラムに反映させていきます。

2年生が校外研修として東京、神奈川、山梨に行きました

 2年生が11月1日木曜日から2日金曜日まで校外研修に行きました。

 見学した施設は次の3か所です。
 世界3大国際工作機械展の1つとされるJIMTOF(日本国際工作機械見本市)では、学生は各企業の最新技術を目の前にして熱心に見学していました。
 カップヌードルミュージアムでは、日清食品(株)創業者・安藤百福の商品開発への創意工夫や情熱を知りました。桔梗信玄餅工場テーマパークでは、工場内の自動生産ラインを興味深く観察していました。
 様々な技術や製品を目の当たりにし、これからものづくりへ関わっていく学生にとって大変貴重な経験になったかと思います。

index お知らせ / 学校通信・イベント報告
情報通信工学基礎実習の成果発表会を行いました
機械・生産技術科2年生が「地域企業との共同実習」成果発表会を行いました
電気・制御技術科 卒業研究中間発表会
電気・制御技術科の新設備紹介
(その2)
2年生が校外研修として東京、神奈川、山梨に行きました