イベント報告

平成30年度機械科(後期)の入学式を行いました。

 10月10日(水)に短期課程機械科(10月入校)の入学式を行いました。

 今期は、新たに6名の学生が入学しました。6ヶ月という短い期間ですが、皆様が確かな知識・技能を身に着け、今後ご活躍されることを期待しております。


平成30年度「地域企業との共同実習(テーマに関する講演とグループワーク)」を実施しました

 10月3日(水)に「地域企業との共同実習(テーマに関する講演とグループワーク)」を実施しました。 「地域企業との共同実習」とは、地域企業様から様々なテーマを御提案いただき、当校の実習の中で取り組んでいこうという新しい試みです。
 南信工科短大振興会様の御協力で、「地域企業との共同実習」のテーマを会員企業様より御提案いただきました。テーマを御提案いただいた企業様は、有限会社フジ精密工業様、多摩川マイクロテップ株式会社様、KOA株式会社様の3社でした。大変ありがとうございました。
 各企業様と本校の教員が打合せを行い、今年度はKOA株式会社様より御提案いただいたテーマを実習で取り組むこととなりました。
 テーマに関する講演とグループワークの対象は本校の専門課程2年(機械生産技術科と電気制御技術科)の36名で、最初に、当校の教員よりブレインストーミング法についての講義がありました。
 その後、KOA株式会社の磯貝様 他3名の方より、テーマの説明と社内開発プロセスの御講演をいただきました。御提案いただいたテーマは以下のとおりです。

  • テーマ1「セラミック基板表面非接触PP(Pick&Place)」
  • テーマ2「円筒形製品外観検査冶具」

 講演後に、グループワークとして学生が、各テーマについてブレインストーミング法を活用しながらアイデアを提案し、最後にグループごとに発表を行いました。
 参加した学生たちは、様々なアイデアを出し合いながら積極的に取り組んでおり、ものづくりの楽しさを経験できたことかと思います。
 なお、機械生産技術科2年生は、今回のテーマと講演を元に12月初旬まで授業内で実習を進める予定です。平成30年12月4日(火)に成果発表会を予定しています。
 本実習の実施に御協力いただきました、KOA株式会社様、南信工科短大振興会様や関係者の皆様に厚く御礼申し上げます。


 

機械生産技術科2年生にAutodesk社のFusion360の講習を実施しました。

 平成30年8月29日(水)~9月21日(金)のうち8日間の延べ32時限で、機械生産技術科2年生が3次元CAD「Fusion360」の講習を受講しました。

 「Fusion360」とはAutodesk社の3DCAD/CAE/CAM統合ソフトです。クラウドベースの安価なソフトウェアで学生は無償で使用することができます。
 2年生は既に「Solidworks」を用いて様々な設計課題などを行っています。今回の取組みは、今後当然のように使用される3次元CADによる3Dモデルデータを学生が就職先で設計の部署でなくても、「いつでも必要な時に自分で3Dモデルを扱える環境を構築することができる」という力を身に付けてもらう目的で実施しました。
 講習は、ハンドスピナーを設計して実際に3Dプリンタで造形し、回転時間を競い合ったり、グループで設計課題を進めたり、マシニングセンタで加工をしたりと、とても充実した内容でした。
 講師を御担当いただいたテクノフレキス藤崎様には、学生が積極的に取組めるようにカリキュラムを工夫していただき、学生も興味深く取り組んでいました。ありがとうございました。


人材ふれあいフェア2018を開催しました

 9月22(土)に、「人材ふれあいフェア2018」を開催しました。

 この催しは「見る、創る、ふれあう」をテーマに今年で3年目となるイベントです。今年は当校のお隣にある建設業協会伊那支部と連携し、昨年度より規模を拡大して行いました。そのおかげか、今年は昨年度の倍以上の方にご来場いただき、大変盛り上がったイベントととなりました。
 ものづくり体験では、人工ルビーづくり、コマづくり、色つき結晶づくり、空中浮遊ゴマづくり、光るおもちゃづくり、オリジナルアクセサリづくり、ロボットプログラミング体験、木工箸づくりなど、多くの方にものづくりを楽しんでいただけました。
 実験・実演コーナーでは、リニア模型、超伝導実験、サーモグラフィ、レーザー加工などを実施し、前のめりになって熱心に見ているお子様の姿が印象出来でした。
 また、約60のブースには地域の企業や高校の出展がならび、事業内容や普段の取り組みをわかり易くご説明頂きました。 お越し下さった来場者のみなさま、ご協力・ご出展下さった企業・団体・学生のみなさま、大変ありがとうございました。


       

リレーシーケンス制御の研修講座を開催しました

 9月20日(木)に本校で、高校教職員向けの「シーケンス制御の基礎と有接点リレーシーケンス」と題した研修講座を行いました。

 この講座は長野県総合教育センターの教職員向け研修講座の一部として、本校の教員が講師を務めて実施したものです。県内の工業高校より7名の先生方に受講をして頂きました。
 シーケンス制御の概要や回路図の書き方といった基本的な講義から、本校の設備を使った制御回路の作成実習まで体験をして頂きました。普段より同様の内容を高校で教えていらっしゃる先生には、知識などの確認と同時に、教材の提示や授業の進め方という視点でも学んで頂けたところがあったと思います。逆に、講師という立場からも得るものが多くありました。
 このような機会から、本校と高校との教育連携を発展させることができれば、教員をとおして高校生や本校の学生にとっても利点になるのではないかと感じます。受講された先生方、ありがとうございました。また講座を設定して下さいました長野県総合教育センターの皆様にも感謝申し上げます。


 

インターンシップ説明会を開催しました

 平成30年9月5日、12日、19日の3回にわたり、インターンシップ説明会を開催しました。

 本年度のインターンシップ(企業実習)実施に向けての最初の活動になります。昨年度(31社)より多くの35社の企業参加いただき、事業内容やインターンシップでの実習内容をご説明頂きました。
 学生にとって様々な企業での業務内容を社員のみなさまから直接お伺いできた貴重な経験でした。昨年度卒業した第1期生が説明に来て下さった企業もあり、より身近な先輩からお話をお聞きすることもできました。インターンシップ先を決めていくプロセスであると共に、今後の職業選択のベースになったとも思います。ご参加の企業のみなさま、ありがとうございました。

このエントリーをはてなブックマークに追加
index お知らせ / イベント報告
平成30年度機械科(後期)の入学式を行いました。
平成30年度「地域企業との共同実習
(テーマに関する講演とグループワーク)」を実施しました
機械生産技術科2年生にAutodesk社のFusion360の講習を実施しました。
人材ふれあいフェア2018を開催しました
リレーシーケンス制御の研修講座を開催しました
インターンシップ説明会を開催しました