イベント報告

人材ふれあいフェア2017が開催されました

 923日(土)に、南信工科短大振興会主催の「人材ふれあいフェア2017」が、当校を会場として開催されました。この催しは昨年に続き2回目となるイベントです。

 50のブースには地域の企業や高校の出展がならび、製品や技術、日頃の研究成果など、普段目にすることのできないものが一堂に集まりました。約750名の方にお越しいただき、非常に興味を持って見学をされている様子でした。

 ものづくり体験では、人工ルビーづくり、コマづくり、ニギニギ電子ブザーづくりやパソコンの分解・組立てが行われました。多くの方に楽しんでいただき、とても盛況でした。この他に、当校の設備を使ったレーザ加工の実演やレゴブロックのロボットを動かす体験、超伝導の実験、サーモグラフィ、ビー玉エンジン、蒸気発電の実演など、当校の教員と学生による多くのイベントも行われました。

 また駒ヶ根市出身の落語家、真打 春風亭愛橋師匠から「伊那谷から、ものづくり、人づくり、夢づくり」と題して楽しく特別講演を行っていただきました。

 ものづくりの楽しさを体験し、実感していただけた1日だったと感じました。

    

「射出成形機の基礎とデジタルモールドの活用」講座を開催しました。

 

 今回(9月14日)の講座は、前回(9月7日)の「デジタルモールド実演講座」に引き続き、機械・生産技術科と電気・制御技術科の2年生に射出成形の基礎、さらには新しく導入された人力射出成形機を用いたデジタルモールドの活用方法を教えていただきました。

 この度、南信工科短大振興会からの提案がきっかけで、当校の教育研究活動にスワニー様の革新的技術デジタルモールドを取入れさせていただくことになりました。

 南信工科短大振興会様より、教育研究費として支援を賜り、デジタルモールド技術を活用した造形が可能な手動射出成型機を導入することができました。

 これにより、教育現場では世界で初めてデジタルモールド技術がカリキュラムに導入されることになります。

 当校で様々な基礎技術を身に付けたうえで、さらにこのような最新技術を習得し、地域の将来を担う技術者に育ってほしいと考えます。

 南信工科短大振興会会員企業の皆様、有限会社スワニー様、株式会社ストラタシス・ジャパン様、その他関係者の皆様に厚く御礼申し上げます。

    

 

平成29年度機械科(前期)の修了式を行いました。

 9月15日(金)に機械科(前期)の修了式を行いました。

 今回の機械科も様々な経歴の学生が集まりましたが、修了生9名の製造業への就職が決まっており、各々新たな道を歩み始めました。

 皆さんの今後のご活躍を期待しております。

インターンシップ受入企業説明会を開催しました

 平成29830日、96日、913日の3回にわたり、本年度のインターンシップ(企業実習)実施に向けて「インターンシップ受入企業説明会」を開催しました。

 31社の企業様にご参加いただき、事業内容やインターンシップでの実習内容などをご説明いただきました。学生にとって様々な企業での業務内容を社員の皆様から直接お伺いできた貴重な経験でした。インターンシップ先を決めていくプロセスであるとともに、今後の職業選択のベースにもなったと思います。ご参加の企業の皆様、ありがとうございました。  

   

このエントリーをはてなブックマークに追加
index お知らせ / イベント報告
人材ふれあいフェア2017が開催されました
「射出成形機の基礎とデジタルモールドの活用」講座を開催しました。
平成29年度機械科(前期)の修了式を行いました。
インターンシップ受入企業説明会を開催しました