機械・生産技術科学科紹介

学科の概要(機械・生産技術科)

設計・加工・測定・組立・制御の技術で夢を形にかえていく、創造力豊かなエンジニアを育成します。

機械・生産技術科では、機械加工の基本から生産システム技術(高精度・高品質機械加工、機械設計および制御技術等)を学び、高度化・多様化するものづくりに対応した実践技術者を育てます。

ものづくりに必要な汎用工作機械やNC工作機械等による加工技術、機械製品の設計・加工に必要となるCADによる設計技術などを習得していきます。

日本のものづくりに欠くことのできない生産技術を基礎から学び、即戦力として活躍できるエンジニアを目指します。

●取り組む主な技術分野  
pic

学科紹介(機械・生産技術科)

機械・生産技術科 NAVI

WHAT?機械・生産技術科ってどんなところ?

私たちの身の回りにあるものは、設計図をもとに工作機械で部品を作り、組み立てて、製品として世に送り出されています。多くの製造現場で中心的な役割を果たし、ものづくりの礎となっているのが「生産技術」です。

機械・生産技術科では、アイディアをかたちにする設計技術から、かたちを作るために必要な加工技術、測定技術、そして機械を動かすための制御技術までを学びます。まずは工作機械の扱い方や測定器の使い方などの基本的な技術と、材料の種類や強度といった基本的な知識から身につけていきます。そしてより高度な技術を習得して、柔軟な発想力を持った技術者を育てます。多様化するものづくりのニーズに対応できる技術を実践的に培っていけることが、機械・生産技術科の特長です。

pic pic ものづくりは、すべての人の手から生まれます。あなたの自由な発想が、新しい何かを生み出すことにつながるかもしれません。生産技術はあなたが思い描いたものを形にできます。まずは「かたちをつくる」ことを楽しんでほしいと思います。

機械・生産技術科 についてもっと知る

CURRICULUM主な学科と実技科目

pic カリキュラムの半数以上は実験と実習で、実践的に学ぶことを重視しています。機械加工の基礎からCAD/CAMシステムを利用した5軸制御マシニングセンタによる高品質機械加工まで、測定技術の基礎から3次元測定機による高精度測定まで、機械組立の基礎から自動制御技術まで、生産システム全般に対応できる技術を段階的に習得します。

講義
機械材料/機械加工学/材料力学/熱力学/流体工学/基礎製図/シーケンス制御/油圧・空圧制御
実技
機械工学基礎実験/機械加工実習/設計製図実習/測定工学実習/制御工学実習/総合課題/卒業研究

CERTIFICATE取得を目指せる資格

  • アーク溶接特別教育
  • 研削砥石特別教育
  • 技能検定2級・3級(機械加工)など

カリキュラムの概要(機械・生産技術科)

 時間
合計2,808
一般教育216
社会学18
知的所有権18
基礎数学18
解析学概論Ⅰ、Ⅱ36
英語Ⅰ、Ⅱ72
体育Ⅰ、Ⅱ54
基礎講義378
制御工学概論36
電気工学概論36
情報工学概論36
機械材料36
材料力学Ⅰ、Ⅱ36
力学演習18
熱力学18
基礎製図90
生産工学36
安全衛生工学36
専攻講義522
機械工学54
機械加工学72
数値制御Ⅰ、Ⅱ72
流体工学18
油圧・空圧制御18
シーケンス制御36
測定工学36
機械設計製図Ⅰ、Ⅱ72
ゼミナールⅠ、Ⅱ、Ⅲ、Ⅳ144
基礎実技252
機械工学基礎実験Ⅰ、Ⅱ90
電気工学基礎実験36
情報処理実習90
安全衛生作業法36
専攻実技1,440
機械加工実習Ⅰ、Ⅱ、Ⅲ、Ⅳ324
制御工学実習Ⅰ、Ⅱ、Ⅲ144
測定工学実習36
設計製図実習Ⅰ、Ⅱ、Ⅲ234
総合課題252
卒業研究450
このエントリーをはてなブックマークに追加
index 機械・生産技術科学科紹介
学科の概要
(機械・生産技術科)
学科紹介
(機械・生産技術科)
カリキュラムの概要
(機械・生産技術科)