機械・生産技術科2年生が「地域企業との共同実習」成果発表会を行いました

 12月4日火曜日に平成30年度「地域企業との共同実習」成果発表会を行いました。

 「地域企業との共同実習」とは、地域企業様から様々なテーマを御提案いただき、当校の実習の中で取り組んでいこうという新しい試みです。

 今年度のこの実習は、10月3日水曜日にKOA株式会社様を講師にお迎えして実施した「地域企業との共同実習(テーマに関する講演とグループワーク)」からスタートしました。

 提案されたテーマは以下の2つです。

  • テーマ1「セラミック基板表面非接触 Pick&Place」
  • テーマ2「円筒形製品外観検査冶具」

 実習期間中も、社員の方が何度もご来校いただき、直接学生に指導をしていただきました。また、テーマをご提案いただいた生産現場を学生が見学する機会を設けていただき、試作品に関わるアドバイスをいただくなど、多大なご協力を賜りました。

 また、上記テーマ1、2とは別に削ろう会様からの課題である

  • テーマ3「かんなくず厚さ測定装置」

もテーマのひとつとして実施しました。

 機械・生産技術科2年生が各テーマ2グループずつで合計6グループに分かれて設計試作を行い、成果を発表しました。

 削ろう会様は来年5月11日、12日に伊那市で全国大会「第35回全国削ろう会信州伊那大会」を実施します。今回の成果発表会で学生たちの設計製作した「かんなくず厚さ測定装置」をかんなくずの薄削りの実演と試用をしたうえで、さらに改良を加えて全国大会での使用を検討していただきます。

 本実習および発表会にご協力いただきましたKOA株式会社様、削ろう会様、南信工科短大振興会様、その他関係者の方々に厚く御礼申し上げます。

パワーポイントの資料を使って学生が発表している様子 堂々とした姿で説明している学生の姿 レーザーポインタで指しながらわかりやすく説明している様子 企業の方が試作した装置の裏側からも熱心にご覧になっている様子 試作した冶具により作業が簡単になっているのか、みんなでのぞき込んでいる様子 試作した装置を使って、鉋くずの厚さを実際に測定している様子

 

index お知らせ
平成31年度 専門課程入学試験 推薦
(後期)出願状況
短期課程機械科の訓練生募集
情報通信工学基礎実習の成果発表会を行いました
機械・生産技術科2年生が「地域企業との共同実習」成果発表会を行いました
電気・制御技術科 卒業研究中間発表会
電気・制御技術科の新設備紹介
(その2)
2年生が校外研修として東京、神奈川、山梨に行きました
平成31年度 入学試験実施状況
障がい者民間活用委託訓練「介護職員初任者研修科」の訓練生募集
入学を希望される方へ
(平成31年度 専門課程学生募集情報)
平成30年度 入学試験実施状況