電気・制御技術科の新設備紹介(その1)

 電気・制御技術科に新しい設備が入りました。

 今回導入した新設備紹介の第1回です。パソコン室(C307情報処理実習室)の端末が新しくなりました。本校におけるデスクトップパソコンの実習環境では、すべて3次元CADが導入されており、今回新しくなったパソコンも、プロセッサにXeonを搭載し、グラフィックボードにQuadro P2000を積んだワークステーション仕様となっています。ストレージにはSSDを採用し、起動や動作が軽快でサイズの大きなファイルも快適に処理が可能となります。ディスプレイは、IPS方式の24インチクラスで、縦が1200ドットのWUXGAであるため縦方向の表示範囲が広く、ドキュメント作成時に見やすくなります。また、回転させて縦長表示となるため、プログラム作成等に便利です。すべての端末用にWEBカメラとペンタブレットを装備し、画像処理やドローイングによる輪郭描画からの3Dモデリングといった用途にも対応できます。

 加えて、今後製造業でもIoTAIの活用が広まることを想定し、大容量データの処理に対応できる端末を導入しました。これはNVIDIA社製GPUTITAN Vを搭載し、プロセッサが8コア16スレッド対応のXeon、メインメモリが128GBという高性能なスペックです。この端末には、31.5型のIPS方式4Kディスプレイを組み合わせることで、高度な演算処理だけでなく、グラフィック能力を生かした用途にも活用できればと考えております。

 早速使用を始めた学生からも処理が早くて使いやすいと高評価です。どんどん活用してもらいたいと思っております。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
index お知らせ
2年生が校外研修として東京、神奈川、山梨に行きました
SOLIDWORKS認定試験CSWAを受験しました
電気・制御技術科の新設備紹介
(その1)
新エネルギー実習報告会を平成30年10月26日
(金)に実施しました
平成31年度 入学試験実施状況
信州大学前学長 山沢清人名誉教授の講演会を開催しました
平成30年度機械科(後期)の入学式を行いました。
平成30年度「地域企業との共同実習
(テーマに関する講演とグループワーク)」を実施しました
障がい者民間活用委託訓練「介護職員初任者研修科」の訓練生募集
入学を希望される方へ
(平成31年度 専門課程学生募集情報)
平成30年度 入学試験実施状況