機械・生産技術科

設計・加工・測定・組立・制御の技術で夢を形にかえていく、創造力豊かなエンジニアを育成します。

機械・生産技術科では、機械加工の基本から生産システム技術(高精度・高品質機械加工、機械設計および制御技術等)を学び、高度化・多様化するものづくりに対応した実践技術者を育てます。

ものづくりに必要な汎用工作機械やNC工作機械等による加工技術、機械製品の設計・加工に必要となるCADによる設計技術などを習得していきます。

日本のものづくりに欠くことのできない生産技術を基礎から学び、即戦力として活躍できるエンジニアを目指します。

●取り組む主な技術分野  
pic

STEP1わかりやすい授業ではじめは基本から。

picはじめて機械分野に挑戦する人でも心配はいりません。測定の基本や図面の読み方から、機械分野に必要な知識や技術までを段階的に習得していきます。各種工学実験や機械加工実習も並行して受講できるので、より理解を深めることができるカリキュラムになっています。

 

STEP2最先端技術に触れる。

pic実際に企業で使用されているプログラムで自動加工をする工作機械や精密測定機械、CADソフトウェアなどの最新設備を導入しています。さらに、全授業時間の半分以上は少人数体制で実験や実習を行うため、最新設備に触れる時間も非常に多くなっています。学んだ理論を体験しながら確認できるので、実践力が身につけられます。

 

STEP3自分のアイディアを形にする。

pic1年次の最終段階(1月〜3月)では、習得してきた知識と技術を駆使して、設計・加工・組立・制御を取り入れた総合課題(約250時間)に取り組みます。2年次には卒業研究(約450時間)で、学生が自ら考えたテーマについて研究活動や設計製作(開発)活動を行い、学びの集大成を形にします。

実践的なカリキュラムから協調性・発想力・主体性を養い、機械総合技術者としての考え方やセンスを身につけていきます。

詳しくは機械・生産技術科の学科紹介のページ

このエントリーをはてなブックマークに追加
index 機械・生産技術科
機械・生産技術科