3Dプリント応用技術「デジタルモールド講座」を開催しました

 昨年に引き続き、3Dプリント活用技術「デジタルモールド講座」を、()スワニーの橋爪社長様を講師としてお迎えし、当校の2年生の学生を対象に実施しました。

 
 デジタルモールドとは、3Dプリンタで造形した樹脂型によるプラスチック樹脂成形法で、上伊那で生まれた最新技術です。その応用範囲は年々広がり、新しい活用法が開発されています。今回の講座の中でも、新たな事例をいくつか御紹介いただきました。

 大きな可能性を持ったこのデジタルモールド技術は、教育機関の中では南信工科短期大学校でしか学ぶことができません。当校の機械生産技術科2年生の学生は、この講座をスタートに3Dプリンタによる樹脂型製作と射出成形機でのプラスチック樹脂造形の実習を進めます。

 受講した学生達は、休み時間中もデジタルモールドの樹脂型や3Dプリンタによる造形製品を興味深く手に取り、橋爪社長様に熱心に質問をしていました。学生にとっても有意義な時間であったと思います。

 橋爪社長様、お忙しい中、ありがとうございました。

  

このエントリーをはてなブックマークに追加
index お知らせ
平成30年度 民間活用委託訓練
3Dプリント応用技術「デジタルモールド講座」を開催しました
平成30年度 民間活用委託訓練入校選考結果発表
第1回オープンキャンパスを開催しました
パソコン基礎とビジネスマナー科の訓練生募集
(障がい者民間活用委託訓練)
第1回体育祭を開催しました
入学を希望される方へ
(平成31年度 専門課程学生募集情報)
第2期生 総合課題成果発表会
オープンキャンパスのご案内
救急救命講習を開催しました
平成30年度入学式を行いました
平成30年度 入学試験実施状況
総合課題成果発表会を実施しました
電気・制御技術科1期生の卒業研究発表会を実施しました
地域企業との共同実習
(介護福祉機器の開発講座)の発表会を行いました
機械・生産技術科2年 第1期生卒業研究発表会を実施しました
2年生が校外研修として東京に行きました
球技大会を開催しました
第3回 オープンキャンパスを実施しました
第2回 オープンキャンパスを実施しました