校長あいさつ

pic長野県南信工科短期大学校 校長
大石 修治
信州大学副学長(平成27年9月まで)
前信州大学工学部長

安全で確実な科学技術(工学)は、豊かで快適な生活を提供し、人類の幸福に大きく貢献しています。

産業界は、先端技術の知識と実践的な技術・技能を備え、第一線で活躍できる若い人材の養成を望んでいます。産業力の維持・発展には、新たな科学技術の開発も必要です。こうした科学技術の教育と研究を行う長野県南信工科短期大学校(2年制)が平成28年4月に開校しました。学科は、「機械・生産技術科」と「電気・制御技術科」の二つです。「機械・生産技術科」では付加価値の高い機械製品を創る技術を、「電気・制御技術科」ではエネルギーやエレクトロニクスなどの技術を学びます。即戦力となる実践的能力の養成、少人数教育、技術革新に対応できるカリキュラム、先端機器を使用した実験と実習、などが教育の特長です。

本校が設置される上伊那は、二つのアルプスの間に天竜川を配した豊かな平地が広がり、熱意にあふれた工業が盛んな地域です。健やかに勉学し、研究する環境は十分です。

科学技術の確かな実力を本校で培い、高度化が著しい実社会の舞台で活躍してくれることを期待しています。

このエントリーをはてなブックマークに追加
index 学校紹介
教育の特長
校長あいさつ
アドミッション・ポリシー
(入学者受入方針)
設置学科
施設紹介
年間スケジュール