教育の特長

ものづくりのスペシャリストを目指して。

本校は、長野県工科短期大学校(上田市)に次ぐ県内2番目の工科短大として、平成28年4月に新しく開校した長野県立の工業系短期大学校です。

産業技術の革新が急速に進む昨今、この環境変化に柔軟に対応できる知識と技術・技能を備えた人材を社会は求めています。長野県南信工科短期大学校では、ものづくりに関する専門知識と実践技術を身につけた、これからの長野県の産業を支えていく「ものづくりのスペシャリスト」を育成します。

実践力の重視
多様な生産現場に対応でき、即戦力となれるよう、基礎理論の習得から、先端機器を活用した実験や実習を通じて、ものづくり技術を実践的に学ぶほか、学生の資格取得を支援します。
少人数指導
可能な限り少人数指導を行うとともに、少人数グループによる総合課題に取り組むほか、卒業研究に力を入れ、自ら考えた課題を通して、主体的に行動できる技術者の素養を培います。
カリキュラムの充実
急速な技術革新に対応できるカリキュラムの編成を行うとともに、技術系の専門知識に加え、語学力、マネジメント能力の向上や、コミュニケーション能力の開発などを図ります。
課外活動の充実
卒業研究の一環として、技術を競う各種競技会に参加するなど、ものづくりに興味を持てる取組を進めます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
index 学校紹介
教育の特長
校長あいさつ
アドミッション・ポリシー
(入学者受入方針)
設置学科
施設紹介
年間スケジュール